サブメニュー

担保も保証人も不要のオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは保証会社を利用する商品であり、新生フィナンシャルかオリックスクレジットの保証を受けることを条件に、担保や保証人は不要としています。利用者側はオリックス銀行カードローンに申し込むだけであり、どちらの保証会社を利用するかは審査の結果によって決定されます。

 

 

銀行のカードローンでたまに見られる保証会社による高い保証料も別途請求されるわけではなく、オリックス銀行カードローンは提示されている金利に応じた利息が発生するに留まります。安心して借りられるカードローンを提供するのが、オリックス銀行なのです。

 

カードローンを利用するための審査

カードを使って、ATMやCDから手軽にお金を借りられるカードローンですが、誰でもが利用できるわけではありません。カードローンを利用したい人が金融機関に申込みをすると、その金融機関で審査を行います。審査では、年齢、職業、勤務先の名称、年収などについて調査します。

 

カードローンが利用できるのは、20歳以上で安定した収入がある人です。基本的に未成年はカードローンを利用できませんし、金融機関によって違いますが、年齢に上限もあり、65歳以下、60歳以下などと条件がついています。

 

安定した収入がなければ審査に通りませんが、正社員ではなくても、毎月ある程度の収入があれば審査に通ることが多いようです。また、専業主婦で収入がない場合でも、夫に安定した収入があれば審査に通ることが多いです。最近は、学生専用カードローンや女性専用カードローンといったものもあります。

 

審査基準は金融機関によって厳しい所と通りやすい所があります。しかし、金融機関によってローンの金利も異なり、審査基準が厳しい所ほど金利が低く、審査に通りやすい所ほど金利が高いという傾向があります。
オリックス銀行カードローン審査と借り入れ基準

 

最近は、コンビニのATMからでもカードローンを利用してお金を借りたり、お金を返したりできるようになって、さらに便利になっていますが、カードローンは借金であり、借りた分は利息を付けて返さなければいけないので、利用するのには注意が必要です。

 

カードローンの賢い返済方法

カードローンの返済にはさまざまな方法があります。
主流とされるのがリボルビング払い。残高スライド元利定額リボルビング方式は、限度額の範囲なら何回でも借入を繰り返せるため、多くのカードローン返済に利用されています。

 

逆にクレジット返済で主流に使われている分割払いは、カードローンには不向きと言われています。返済回数を増やすほど利息が定額で上乗せされる上に、新たな利用のたびに金利の再計算がおこなわれます。分割払いは、カードローンで定期的に買い物をしたい人には負担になってしまうため、リボルビング払いがメインとして使われています。

 

また、カードローンには毎月決まった日に返済を行う「約定日」が存在します。約定日はカードローンに限らず、限らずあらゆるローンやクレジット返済に用いられています。返済をおこなう場合はこの約定日に銀行から引き落としされますが、より効果的に返済をしたい場合は約定日以外に繰り上げ返済が可能です(これを随時返済と呼びます)。まとまったお金が手に入った時は、繰り上げ返済を行い元金を減らしていく人が多いようです。

 

まとまたお金が必要な時、急な出費が要る時、カードローンがあれば安心です。返済プランには他にもさまざまな種類があるので、自身のライフスタイルに一番合った返済方法を選びたいものです。
カードローンの返済を一本化するおまとめローンの借り方にも注目をしておきましょう。